幻紅衣と望によせて

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit




作者-初手の変化は厄介だと思います。合駒が3つ出てきますが、いずれも読むのに苦労はしないはずです。収束が綺麗に決まっているのが救いでしょうか。

☆攻駒と玉の距離があるので、とにかく初手が難しい。35銀の発見には相当時間を要するかもしれません。対して同玉の変化も決して易しくないですが、ともかく35同香で一段落です。

☆42角で合駒打診。歩か桂かはすぐには判断つきませんが、51角から22金と進めた段階で歩合であったと決定されます。(桂合の変化中の33角成もなかなかの手ではあります。)

☆待望の27飛に対して、またも合駒読みを要求されます。歩合では34桂から25桂の筋に対応できないのは明白。飛金香合は取られて打たれる筋でダメ。角桂合は34桂から24角成の筋でダメ。ということで銀合が最善とわかりました。

☆銀合には34桂から17飛と回ってまたしても合駒ですが、歩合はできないので、角合が最善であることはすぐにわかると思います。

☆桂角の打ち換えから11角成の収束手順も実にうまくできていますね。

須川卓二-バラっとした配置から合駒を含めて読みが必要な手が続く。初手が入ったのがいい。

武田静山-初手、筋らしき所に指して変化が詰んだので確信するも、その後の変化の多さにヘトヘト。

詰鬼人-序の変化、なかなか難しく悩ませます。

野口賢治-飛回りで銀合が決まるまで序にウエイトがかかった典型的な難解作。地味な初手、35銀を捻り出した作者の熱意に敬服。























ABC平均
2919902.67
スポンサーサイト
20:29 |  trackback: 1 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dk87a.blog24.fc2.com/tb.php/9-3bd3c9df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【詰将棋パラダイス20】

作者-初手の変化は厄介だと思います。合駒が3つ出てきますが、いずれも読むのに苦労はしないはずです。収

まっとめBLOG速報 | 2012/10/29 03:42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。