幻紅衣と望によせて

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit





作者-狙いは飛のスイッチバックです。収束の飛捨ても良い味だと思います。

解答者 82名 誤解 5名


短評

原田清実-表紙で5枚の持駒は多いなあ。

出口智博-33角から読んだので正解に到達するまで大変でした。

☆さて、短評中「変化」という単語の実に多いこと。

野口賢治-変化の厚さでヘビー級の表紙作になりました。

小峰耕希-作意はすぐにわかったが、序の変化が非常に難解で一苦労しました。

田中悠一-ギブアップ寸前、変化で33へ逃げた時、23飛成以下の詰手順を発見して一安心。

中村健一-2手目22玉の上に這い出す変化が置き駒なしで割り切れているのがすばらしい。

河原林隆彦-変化は読み飛ばして解答しました。

☆同様の方数名。

秋元節三-2手目22玉の変化はせっかくの軽妙さを失わせている。

藤江和幸-変化が煩わしい。43角を馬、53歩を玉方42歩も一考と思う。

妻木貴雄-作意に比べ変化が異常に難しくバランスを欠く感もあるが、簡素形ではままあること。作者の意図ではないのでしょう。

☆作意はむしろスマートです。

弘光弘-角を打ち捨てて角を成る。それに合わせて飛が動く。このリズム感が心地よい。

天津包子-下へ上へ最後は横へと捻り廻されるかわいそうな飛。

柿久桂古-うまく敵飛を翻弄。詰上りはキレイ。

滝本幹夫-8手目、11玉22玉どっちに逃げるのか。

☆どちらでもよいようです。

千葉等-収束は飛成り捨てが決め手。

藤川薫-宙い中でチープな存在として真摯に対峙しておられるのを感じまして内省の喚起です。


表紙の言葉を掲載する。


 自分の人生において詰将棋とは、赤の他人からすれば不可解だが、
一つの世界であり、かと言ってそれだけに甘んじているわけではない。
詩や短歌も興味があり、病院の文化祭では詩集も出展した。

 創作に目覚めたのは通信制高校を卒業し、余暇を楽しむという意味だ。
日々廃れてゆく体と闘いながら、治療を待つより無いこの心情を伝えたい。
こんな駒遊びでも伝わるものはきっとあると思い、無理をせず努力をしてきた。
それがこのような形で少なかれ実を結ぶとは、嬉しい限りである。
本作は紛れ少なく強豪には一目かと思われるが、勉強不足を許し被りたい。

 4月に京大のグループが万能細胞の本格的な研究を開始するようだ。
それに便乗できれば、さらに良い作品が創れそうなのだが。今はこれで良しとする。

 最後に、採用してくれた編集部に感謝の意を示したい。
スポンサーサイト
19:19 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dk87a.blog24.fc2.com/tb.php/4-036d0410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。