幻紅衣と望によせて

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit






作者-5手目の龍筋を逸らす飛捨てが狙い。合駒は簡単で金の翻弄も見所。
夏に向けて気分だけでも涼しく。

今川健一-この暑さ、チラリ一瞥、持駒の多さに辟易。解けたら清涼詰で一陣の涼風を感ず、です。

持駒は多いが簡潔な初形。ただ、3筋の玉方龍・金の守備力が強く、
拠点が作りにくそうだ。初手21銀とばらしに行く手も見えるが、
23玉、32銀生、同龍、同馬、同玉と清算しても詰まない。

☆14香と合駒伺いから入る。合駒は保留で取るところだが、続く11飛が渾身の一手。
これで強引に3筋から龍を外せば、守備力が相当に弱まる。

☆8手目に一旦23にかわす手があって、合駒は香に決定。
他合が作意と同じ順というのも冴えないが、きれいに割り切れてはいる。

☆以下はよどみなく、守備金を軽く翻弄して35桂が打てれば詰み形。35桂に対する逃げ方の非限定を気にする向きもあったが、やむを得ないところだろう。
きれいな初形からの流れるような清涼詰で、うまくまとまっていると思う。

はやし-飛を捨てるのは英断だった。

永島勝利ー止めの駒だと思ってしまったので、5手目11飛がなかなか見えなかった。心理的妙手ということか?

大川究庵-こんな狭いところに、どう桂を3枚使うのかとはじめに思ったが、なるほど、なるほど。




















ABC平均
46221902.53
スポンサーサイト
14:43 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。